低用量ピル通販が気になっている人へ   >   低用量ピルで将来妊娠!

低用量ピルで将来妊娠!

低用量ピルで不妊予防

低用量ピルを飲んでいる間は99.9%という避妊成功率で、ほぼ確実に妊娠を阻止することができます。今は妊娠するべきでないけれど、将来的に妊娠を望む女性にとって、低用量ピルはまさに最適な避妊方法です。というのも、低用量ピルには将来的な不妊を防ぐという効果があるからです。

子宮内膜症の予防で不妊を防ぐ

女性特有の病気の中に、子宮内膜症というものがあります。排卵が起きると子宮内膜(子宮の壁)が厚くなり、妊娠が成立しなければ子宮内膜がはがれ落ちて生理となります。

稀に、子宮内膜の一部が逆流して卵管の先から出てきてしまうのですが、その際に子宮以外の場所に子宮内膜が増殖してしまい炎症を起こすのです。これを子宮内膜症と呼び、受精や排卵に影響が出て将来不妊になる危険性があります。

低用量ピルで子宮内膜症を予防しよう

低用量ピルで子宮内膜症を予防できる理由として、ピルを飲むと排卵が止まります。排卵が止まると子宮内膜の増殖が抑えられるため、剥がれる量が少なくなるのです。

子宮内膜症は妊娠・出産が可能な女性の10人に1人の割合で発症すると言われています。将来は子どもを設けたいと考えている女性は、ぜひいまのうちに低用量ピルを服用して将来的な不妊を防ぎましょう。

低用量ピルにはこんな効果も

低用量ピルは避妊と子宮内膜症予防の効果だけでなく、ニキビ治療やその他婦人系の病気の予防ができます。1日1錠を飲むだけで、これらのメリットを一気に得られるのですから、女性としてはぜひ飲みたい薬ではないでしょうか。

低用量ピルで不妊予防をしたいという方は、病院に行って処方してもらうのも良いですが、通販サイトから購入すると格安で手に入るのでおススメです。