低用量ピル通販が気になっている人へ   >   世界の低用量ピル使用率

世界の低用量ピル使用率

低用量ピルの使用率

低用量ピルは世界中の女性に服用されています。日本では低用量ピルよりもコンドームの使用率の方が高いのが現状です。コンドームは避妊だけでなく性感染症の予防にもつながるので素晴らしい避妊具ですが、コンドームだけでは男性主導の避妊になってしまいます。より確実に避妊をするためには、女性も避妊に積極的にならなくてはいけません。低用量ピルは女性が簡単にできる避妊方法なのでおススメです。

世界で低用量ピルが多く使用されている国はどこなのでしょうか。日本の使用率と比較し、背景の違いを比べてみましょう。

低用量ピルが広く普及しているのは主にヨーロッパです。フランスやドイツ、イギリスでは約40%の女性がピルを服用しているそうです。アメリカ合衆国では避妊手術の方が普及していますが、それでも低用量ピルの使用率は15%と高めです。

では、日本はどうなのでしょうか。日本の低用量ピルの使用率は3%以下となっています。これは先進国の中でも低い数字で、日本の女性の中にはピルが何なのかさえ知らない女性も多いのです。

なぜ日本は低用量ピルが普及していないのでしょうか。その背景として、日本の性教育は欧米の先進国に比べてだいぶ遅れているそうです。学校の性教育ではコンドームの使い方しか教わらないため、結果的にコンドームの使用率が40%を超えています。

低用量ピルは避妊効果だけでなく、美容面や健康面でも良い影響をもたらしてくれます。低用量ピルを知っている人も知らなかった人も、この機会に低用量ピルを試してみてはいかがでしょうか。

女性が低容量ピルを飲み男性がコンドームを着けることで、より確実な避妊ができ安心してセックスができるでしょう。